スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エフェクター紹介パート1

はい、機材紹介のラストはエフェクターです。
「おしゃれは足元から!」っていいますもんね、そんなわけでまずは現在のボード内を。
エフェクタメイン

こんな感じになっとります。こうしてみるとなんか・・整理されてないというか・・・汚い・・・(笑

まぁ気にしたら負けかなと思っている

ではでは右から紹介していきます

まずは一番右の黒いやつ。
これはコルグのチューナーです。こいつが無ければギターの音程が合いません。自分には必須アイテムです。

次は「VOX」と書かれた黒くて細長いやつ。
コレは割と最近のVoxのワウです。足でシーソーのように操作しながら「ワウワウ」言わせたり「チャカポコ」言わせたりするエフェクターです。これは使ってると楽しくなりすぎて、自然と口が音に合わせて開いたり閉じたりしてしまいます。

次は上段に行きまして、茶色いやつ。
BOSSのOC-3というオクターバーですね。ギターで出した音の1オクターブ上・2オクターブ上を一緒に出してくれるという賢いやつです。今は主に9mmコピーで使ってます。ちなみにこのオクターバー、あんまり9mmのコピーには向いてないという声をよく聞くんですが、どうなんでしょう、自分的にはこれで充分近い音が出せると思ってるんですが・・・。
なーんて、音にあまりうるさくない自分がこんなこと言うと怒られるかもしれませんね・・(笑

では次、下段にいきまして白いやつ。
ProvidenceのSonic Driveというオーバードライブですね。発売された当初から色んなとこで絶賛されてたんですが実際使ってみて納得。こいつは良い音します。「各弦の響きが埋もれずに聞こえてくる」って売り文句らしいんですが本当にそんな感じで、コードとか弾くとすごくいいです。
ちなみにプロだと布袋さん、レミオロメン、チャットモンチーなどみんなテレキャスで良い音出してる人たちが使ってますね。それで「自分もテレキャスであんな良い音出したい!」と思って購入した一台でした。

さあお次はギンギラギンにさりげない銀色のやつ。
E.W.SのFuzzy Driveというファズですね。音的にはファズ~ディストーションな感じのペダルです。
ブーミーなディストーションが欲しくて、you tubeで「なんかいいもんないかな~」って探してた時に見つけて、一目(一聴?)惚れ。
値段もリーズナブルで、レスポールで使っても良し、テレキャスで使っても良しという優等生的なファズです。まあ「潰れすぎず、割と上品な音のファズ」ということで好き嫌いが分かれるところではありますが、自分はこれが大好きです。

次は以前にも紹介したTech21のBlondeです。
フェンダーの名機、ベースマンとデラックスリバーブをシミュレートしたアンシミュですね。現在の自分の音作りの基礎となっているエフェクターです。
今までは宅録や、「演奏してみた動画」を録音する際にはMTR内蔵の何かのモデリングで音を作ってまして、それがとてもお気に入りのセッティングだったんですが、これを導入したことによって自分の音作りは足元のみで行うようになりました。最近はスタジオとかでもアンプは全て目盛は12時にして、これで音を作るんですが、どんなアンプで弾いても「自分の音」が出せるようになりました。

はい、次はニクいほど青いコイツです。
ノアズアーク・青という、ハンドメイドのコーラスエフェクターです。「ノアズアーク」ってたしか石橋楽器のエフェクターブランドだった気がします。
BOφWYの曲とか、GO!GO!7188の「浮船」とか9mmの「Black Market Blues」のギターソロを弾く時に使ってますね。
ギターに清涼感を加えたいときや、気持ち悪いほどウネウネした音を出したい時に踏むエフェクターです。

で、次は上段に行きまして、緑色したやつです。
これはBOSSのトレモロでして、一定間隔で音が小さくなったり、大きくなったりを繰り返す効果が得られるエフェクターです。これをかけながらアルペジオを弾いたりするととても雰囲気が出ますね。
東京事変の「スーパースター」とかRage Against The Machineの曲を弾く時に使ってます。

そしてそして最後のエフェクターは、ニクいほどでかくて白い左下にあるやつ。
BOSSのDD-20・GIGA Delayというディレイです。ディレイとは、やまびこのように弾いた音が遅れて返ってくる効果のことです。
左のペダルでON/OFF、右のペダルはあらかじめいくつか設定しておいたディレイパターン(最大5パターンまで記憶可能)を呼び出す時に踏みます。
これはライブなどで色んなディレイパターンを使うってときとか便利ですよ。
内蔵されているディレイの種類は、標準的なデジタルディレイをはじめ、テープエコーやアナログディレイなどをシミュレーションした実用的なもの、WARP、TWISTと飛び道具としてしか使えないようなものまで(笑
色々と遊べる一台です。



そんなわけでエフェクター紹介パート1、いかがでしたでしょうか?正直、自分の感覚で紹介してしまったので、ちゃんとした説明が出来ているか甚だ疑問ですが、演奏動画などで「音作りどうやってんの?」とか「ここ何踏んでるの?」って思ってくれた方に少しでも参考になればいいかなと思います。

それでは今日はこのへんで。
次回はエフェクター紹介パート2をやる予定です!
スポンサーサイト
[ 2010/08/07 15:11 ] エフェクター | TB(0) | CM(6)

たくさんありますね。

エフェクターは誰にでも買えますが、使い分けるのが至難の業ですよね。

よかったらコミュの方でも紹介してやってください。
何を買えばいいのか迷ってる人もたくさんいます。


自分は面倒だからほとんど使いません。
今はブースト代わりにメタルコア一台だけ持って歩いてます。
[ 2010/08/07 23:53 ] [ 編集 ]

返信

>>トイナナさん
今まで「あれでもない、これでもない」と色々試してきてやっと今の形に落ち着きましたね、確かにこれだけあるとしっちゃかめっちゃかになりますが(笑

自分の機材が誰かの参考になるのなら喜んでそうさせていただきます!近いうちにコミュにお邪魔させてもらいますね。

結構機材の持ち運びって大きな問題ですよね、いつも両手に機材持ってヒイヒイ言いながらスタジオに向う自分にはトイナナさんのような潔さが羨ましいです・・・(笑
[ 2010/08/08 21:55 ] [ 編集 ]

そこなんですよ!

ただ単にギターとアタッシュケースを持って移動したり、さらにその後メンバーと遊び呆けるのにお荷物なだけなんですよ。
[ 2010/08/09 01:16 ] [ 編集 ]

No title

昔の記事にコメントすいません汗

このボードはどこのボードでしょうか?

今これくらいの大きさのボードを探しているもので・・
[ 2010/10/01 19:29 ] [ 編集 ]

>>じゅんさん

いえいえ(笑)、コメントありがとうございます!
このボードはたしかキョーリツのものだったと思います、あやふやで申し訳ないですが・・・(汗)
サイズはタテ30cm弱、ヨコ75cmですね。
[ 2010/10/02 00:36 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/06/13 16:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newguppie.blog133.fc2.com/tb.php/10-907f25d2







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。