スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

超新星


視聴して頂いた皆さんありがとうございました!

なんか毎回「今回のが一番難しかったです…」って言ってるんでもはや天丼かと思われるかもしれないですが…
それでも今回の曲、今まで挑戦した中でもダントツで難しかったです(苦笑)。

朝から動画撮りはじめたにも関わらず、「もうこれ以上は…ギブです…。」ってなって採用テイク撮り終えたのが結局日付変わる頃でしたから。


ガチで相当苦戦しました。
でもその分、沢山上達した点があるのでやってよかったなと思ってます。

あと、この曲弾いたおかげで自分は楽器の調整が全然出来てないってことも分かりました(汗)。


コピー始めた最初の頃にAメロのギターアルペジオがいくらやっても音痴な音にしかならなくて、「まさかな…」と思ってオクターブチューニングを調べてみたら盛大に狂ってる事が判明したり、


レスポールのアルペジオとかコード弾いた時に全然サステインが無くて、試しに弦高下げてみたらビックリするくらい音の伸びが良くなったりとか…。



うーん、「なんで今までその異常に気付けなかったんだ?」ってくらい今回の曲で楽器の調整不足が浮き彫りになりました。

いやいや、もっと日頃からのチェック、メンテナンスをしっかりせねばと思いましたね。


でも、これに関しても「上手く弾けない時は楽器の調整をしてみる価値あり」って事が学べたので結果オーライかなと思います。



そんなわけで今回は技術面だけでなく色々と勉強になりました。



ではでは、今回の使用エフェクターをば。


まず卓郎パート。
supernova卓郎

いつもとほぼ一緒な感じで、
左のソニックドライブは歪み量少なめで常にオン。
真ん中のファジードライブがディストーション担当。
で左のブロンドで音作ってます。



続いて滝パート。
supernova滝

こっちも使いどころは卓郎パートと一緒ですね。あとはサビの後半でオクターヴァー踏むくらいです。


で、最後に和彦パート。
supernova和彦

今回はダウンチューニングにしなければならなかったんですが、テンションを張るパーツの紛失したバッカスベースではダルダルで何弾いてるか分からないため(笑)、久しぶりにSXベースを使いました。

左のブロンドで音を作って、右のマイクロアンプを掛けっぱなしにしてました。


使用エフェクターはそんな感じです。


あ、ちなみに電源は昨日の日記で書いたCAJのパワーサプライを使いました。
ノイズも少なくていい感じです。



さてさて、そんなわけで今日はもう寝ます(笑)。


おやすみなさいm(_ _)m
スポンサーサイト
[ 2010/10/03 06:20 ] 投稿動画 | TB(0) | CM(1)

supernova の tab もていますか? (笑)
[ 2011/09/26 06:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newguppie.blog133.fc2.com/tb.php/22-d14f9bea







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。